潮干狩りの持ち物で必要な物は?こどもはどうする?服装は?

春~初夏のレジャーといえば潮干狩りですね。
ゴールデンウィークを利用して家族で潮干狩りへ行く方も多いと思います。

でも初めてだとどんな物を持って行ったらいいのか、服装はどうしたらいいのか
お子さんが安全に楽しめるようにするには何を準備したらいいのか。
わからないことがたくさんあります。

そこで潮干狩りを思いっきり楽しむためにも持ち物や服装について確認しましょう。

スポンサードリンク

潮干狩りの持ち物 基本編

・熊手
これがないと始まりませんね。
貝を傷付けない先が尖っていないものがベストです。

・クーラーボックス
持ち帰る際に必要です。
さらに中の水温が上がってしまうのを防ぐために氷や保冷剤もあった方がいいです。

・網
見つけた貝を入れていきます。
種類別に入れられるよう2~3個あると便利です。
網目が細かい物は砂が取れにくいので避けてください。

・バケツ
とった貝を洗ったりできます。
道具を入れるバック代わりにもなります。

・スポーツドリンク
数時間、太陽に照らされてのレジャーです。
脱水防止のためにも絶対に必要です。
ペットボトルで持っていくと空になった後に砂抜き用の海水を持ち帰るのに便利です。

・着替え
濡れる可能性が大です。

・タオル
濡れた足や汗を拭いたり、多めに持っていきましょう。
基本は首の日焼け防止に作業中に首にかけておきます。

・ウエットティッシュ
野外のレジャーでは何かとあると便利。

・日焼け止めクリーム
日差し・紫外線が強いので注意。

・ゴミ袋
数枚あれば便利です。
自分で出したゴミは自分で持ち帰るのがマナーです。

・絆創膏などの救急セット
ケガをした場合に備えてあった方がいいです。

・ウエストバッグ
貴重品などを入れられて手ぶらになれるのであると便利です。

スポンサードリンク

熊手などの道具はレンタルしている潮干狩り場もあるみたいなので
事前に問い合わせしてみるといいでしょう。

潮干狩りの持ち物 こども編

続いてお子さんと一緒に行く場合に特にあった方がいいものを確認しましょう。

・お砂場セット
バケツやシャベルや熊手みたいなものがセットになっているものです。

・水着
子どもはびしょ濡れの泥だらけになる可能性があります。
下着代わりとして身に着けさせると安心です。

・迷子紐
賛否両論ある品ですが…
潮干狩り場は混雑していますし、子供は突然思いもよらない行動をとることもあります。
お子さんの年齢にもよりますが
お母さんやお父さんと繋いでおくと「安心」です。

潮干狩りに適した服装は?

最後に服装に関する持ち物を確認しましょう。

・長袖
紫外線対策として長袖の方がいいです。

・半ズボン
裾が濡れないようにするためです。

・帽子
ツバの大きく通気性のあるものを選びましょう。
麦わら帽子がおすすめです。

・サングラス
紫外線から目を守ります。

・軍手
貝殻の欠片で怪我をするのを防ぎます。

・サンダルor靴下
足元は好みによります。
ただ、ビーチサンダルは脱げやすいので避けた方がよさそう。
かかとがしっかり固定されるサンダルが良いです。
また、靴下の場合は二重履きにすると安全性が高まります。
お持ちであれば、マリンシューズもオススメです。

・防寒グッズ
4~5月でも日が陰ると寒くなるので上着も用意したいですね。

まとめ

意外と持っていくものが多い潮干狩り。
しっかりと準備をし、ルールを守り楽しい思い出を作ってください。

あさりの採り方のコツはコチラの記事
>>潮干狩りでアサリをたくさんとるコツとは?適した時間は?

とってきたあさりの処理方法はコチラの記事
>>潮干狩りでとったあさりの砂抜き方法は?塩抜きは?失敗を防ぐために

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です