エアコンの掃除方法は?スプレーの問題点や使い方とは?

暑くなる前に掃除したい場所。
それがエアコン。

エアコンの掃除をさぼると…
・エアコンの効きが悪くなり電気代が余分にかかる
・カビやほこりが溜まり不衛生なうえ、臭いの原因となる

などなど、いいことはありません。

近頃はエアコンのお掃除サービスも充実していて
プロにまかせるのが一番かとも思いますが
費用もかかるし、できれば「自分でできれば」とも思いますよね。

そこで、自分でできるエアコンの掃除方法について確認していきましょう。

<注意点>
エアコンを自分で掃除する際は全て自己責任で行うようにしてください。

スポンサードリンク

エアコンの掃除方法

・フィルター
まずはここからです。
一番簡単で一番基本になる大切な掃除場所。
フィルターについた埃や汚れを落とすことはきれいな空気を保つためにも大事な作業です。
2週間に1回のペースで行うのがおすすめ。
最近の機種では自動お掃除機能がついたエアコンもありますが
その場合でもフィルターの掃除は必要となります。

まずパネルを開くと見えるものがフィルターです。
それを取り出し、床に置いて掃除機で吸いましょう。
目詰まり防止のため、フィルターの外側から掃除機をかけるようにしてください。
細めのノズルで吸引するときれいにとれます。

それでもきれいにならない場合は水洗いを。
シャワーで埃を落とします。
べたつきが気になる時は使い柔らかいブラシやスポンジを使って汚れを落としてください。
よくすすいだら、日陰干しをし必ず乾燥させるようにしてください。
(カビの原因となるため。)

・前面パネル
中性洗剤を水で薄めたもので濡らした雑巾を固く絞り、拭き掃除をしましょう。

・吹き出し口
ここの掃除をしっかりすることで、埃を撒き散らすことを軽減できます。

全面パネル同様、中性洗剤を水で薄めたもので濡らした雑巾を固く絞り拭き掃除です。
細かい場所は使用済みの歯ブラシを使うといいでしょう。
吹き出し口の羽根部分はゆっくり手で回し、その隙間から拭いでください。

スポンサードリンク

エアコンの内部に触れますので、こちらの掃除をする際には必ず電源を抜いてから行ってください。
シーズンオフ時、半年に1回の掃除をおすすめします。

エアコンの掃除でスプレーの問題点

さて、ここまでくれば残りは冷却フィンです。
よくホームセンターやドラッグストアでスプレータイプの洗浄液が売っていますね。
お手軽でいいのですが、問題点もあるようです。

・スプレー式洗浄液ではフィンの表側はきれいになっても裏側までは掃除できない
・電気系統が絡むため、使い方を間違えると故障や水漏れの原因となる
・スプレー後はすすいでいるわけではないので、残った薬液がカビの原因となる

なので一般的には、やはり業者さんにおまかせした方がいい部分みたいですね。
でも、どうしても自分でできるところまで掃除したい!!という意見もあると思うので
スプレーを使用する際の注意点を確認していきましょう。

エアコン掃除でのスプレーの使い方

まずは製品の説明文をしっかり読み、十分理解できたうえで使うようにして下さい。
そして、こちらもエアコン内部に触れるので電源は抜くようにしてください。

エアコンの電装品部分に水が当らないよう養生します。
ビニール袋を電装品部分に合わせて切り、マスキングテープなどで止めてください。

フィルターを外してフィンを露出させ、5cmくらい離れた場所からスプレーをまんべんなく噴射。
そのまましばらく置いておきます。

こちらの作業を行った後は、必ずエアコンを稼働させ、スプレーの湿気を飛ばして下さい。
この時にファン部分についた水が飛び散りる可能性があるので
最初の数十秒は送風口をタオルなどでしっかり押さえておくといいでしょう。

スプレーを使った後に、エアコンを使わなないでしばらく置くと
湿気が残り、エアコンの中がカビだらけになる可能性があるので
この作業は忘れずに行ってください。

まとめ

以上が自宅でできるお手入れ方法でした。
中には手間がかかるものもありますが
快適に過ごすためには必要なことですね。

そして最後にもう1つ注意点。
これらの掃除をしても臭いや運転に気がかりがある場合は
ホームケアの範囲を超えますので、専門業者に相談することをお勧めします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です