端午の節句の食べ物は?料理の由来は?初節句の離乳食は?

5月5日は「端午の節句」。
「子どもの日」として知られ、五節句のうちのひとつです。
日本では男の子を祝うお祭りになっています。

そして、初節句とは子供が生まれて最初に迎える「特定の節句」のこと。
男の子なら最初の5月5日が初節句となるわけですね。

ひなまつりといえばちらしずし。
でも子供の日は…?
なんだかパッとしません。

そこで、今回は端午の節句にはどんな食べ物がいいのかを確認しましょう。

スポンサードリンク

端午の節句の定番の食べ物といえば?

・柏餅
端午の節句には欠かすことのできない定番中の定番です。
柏の葉で包まれた和菓子で江戸時代に誕生したとされています。
この柏の葉の古い葉(親)は新しい葉(子)が出てこないと落ちないという特徴から
家計が耐えることのない子孫繁栄の象徴とされている縁起物です。

・ちまき
もち米を笹の葉で三角形に巻いて蒸したものです。
関西ではういろうや葛を包んだ和菓子が主流みたいですね。
ちまきは中国から端午の節句と一緒に伝わったもので
中国の故事では邪気を払うという意味がある食べ物であり、
子供が無事に育つようにという意味が込められています。

※ちなみに…柏餅は関東、ちまきは関西の風習みたいです

・ブリ
ブリは大きさが変わると名前が変わることから出世魚の1つでもあります。
子供の出世を願う気持ちが込められています。

・カツオ
「勝つ」にかかるので縁起が良いとされています。
子供の健やかな成長を願う気持ちが込められています。

・タイ
めで「たい」にかかるお祝い事の定番です。

・筍
すくすくと真っ直ぐに成長しますようにという願いが込められています。

スポンサードリンク

端午の節句の料理や由来

どんな料理がいいのか?と悩まれるかもしれませんが
実は端午の節句に料理の決まりはないそうです。
ちまきと柏餅を中心に旬ものや縁起物を添えるのがいいかと思います。

更に主役である子どもの好物や食べられそうな料理も喜ばれそうですね。
では、どんな定番料理があるのか見てみましょう。

まずは定番である、ちまきは必須ですので「ちまき寿司」なんでどうでしょう?
レシピはこちら

また椎茸や人参、筍などが入った「中華ちまき」も食べごたえがあってオススメです。

<上記であげた食材を使用する手料理>
・ブリの照り焼き
・鯛めし、鯛の塩焼き
・筍の煮物や炊き込みご飯

<お祝いの席で人気な料理>
・ちらし寿司(ひな祭りでも定番)
・お赤飯
・お吸い物

などなど、様々なおめでたい料理が並び、本当に決まり事はないですね。

端午の節句の料理で初めてのお祝いの場合

さて、今まで紹介した料理は大人用のごはんです。
当然のことながら初節句を迎える赤ちゃんは食べれません。
ただ離乳食中とはいえ、お子さんの食事が御祝いの席にないのは淋しいです。
大人と一緒な料理は無理でも、形だけでもいいので準備してみましょう。
実は離乳食レシピって検索するといろいろあるんですよ。

その中での定番は「お粥で作ったカラフルこいのぼり」
人参、ほうれん草、トマトなど、カラフルな野菜をおろして
お粥と混ぜ合わせれば、色つきお粥の完成!
それをこいのぼり型になるように盛り付け
目の部分は丸くカットしたチーズと海苔で作成。

時期によって食べられるようであれば、ハムなどでこいのぼりの模様を作っても可愛いですね。

こんな感じでいつもの離乳食を少しカラフルにし、形を変えてあげればいいのです。

まとめ

このように食べ物にもちゃんと食べる意味があるので
親戚で集まった時にこれらの由来を確認しながら子供の成長を願うのもいいですね。

そして、たくさんの写真を撮って
素敵な初節句の思い出を作って下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です