土用の丑の日2015年はいつ?土用とは?うなぎ以外で何食べる?

子供のころは「土曜の牛の日」と勘違いしていた。
土用の丑の日って毎年気づいたらやってくる。
スーパーに買い物に行ったら「うなぎ」を宣伝していたおかげで気づいた。
なんてこと、よくあるのではないでしょうか?

そもそも土用の丑の日ってどうして始まったの?
土用って何?なぜうなぎ?
うなぎじゃないとダメなの?
と疑問も多いイベントです。

そこで今回は当日になって気づく前に2015年の土用の丑の日はいつなのか確認し
土用の丑の日の由来についてみていきましょう。

スポンサードリンク

土用の丑の日は2015年はいつ?

結論から申し上げますと
2015年の夏の土用の丑の日は
7/24(金)、8/5(土)です。
年によって1回だったり2回だったりします。
今年は2回ですね。

「夏の」と記載したのには理由があり
実は土用の丑の日というのは、春夏秋冬それぞれに存在します。
中でも夏の土用が有名で、夏の土用の日には夏バテしないよう体にいいうなぎを食べるという風習が定着しています。

ちなみに2015年の春・秋・冬の土用の丑の日はというと…

・冬…1/13(火)、1/25(日)
・春…4/19(日)
・秋…10/28(土)

土用の丑の日の土用とは?その由来

さきほど、土用の丑の日には春夏秋冬それぞれにある、と記載しました。
なぜかと言うと「土用」とは、立春、立夏、立秋、立冬前の各18日間のことをいうからです。
その中でも、夏の土用は暑さが大変厳しい期間であるため
昔から暑さを乗り切るために体にいいもの・精の出るものを食べる「土用の食い養生」という風習があります。
土用餅・土用しじみ・土用卵などを食べて夏バテを予防していました。

そして丑の日の「丑」とは干支の丑です。
「ねー、うし、とら、うー、たつ、みー…」の「うし」です。
実は干支というのは年だけでなく、日にちを数える際にも使われていたそうで
「土用」の18日間の中のうち、「丑」にあたる日が
「土用の丑の日」となるわけですね。
その「丑の日」にちなんで「う」のつくものを食べると病気にならない、と言われるようになりました。

スポンサードリンク

土用の丑の日でうなぎ以外は何を食べる?

そもそもなぜうなぎかと言うと
実はこの風習は江戸時代の蘭学者である平賀源内が発案したマーケティングという説が有力です。
うなぎは冬眠する生き物。
その冬眠に備えてに栄養を蓄える晩秋~初冬が旬です。
なので、旬でない夏はうなぎが売れないとうなぎ屋さんから相談をうけ
先ほど記述したように「丑の日」は「う」のつく食べ物を食べるという風習を利用し
店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙をしました。
これが見事に大当たりし、土用の丑の日にうなぎを食べる風習が生まれました。

うなぎはタンパク質、ビタミンAなどを多く含み、栄養豊富で精がつきます。
山椒と一緒に食べると抗酸化作用が強まります。

でも中にはうなぎが苦手な方もいるかとは思います。
でも実はうなきじゃなくてもいいんですよ。
「う」のつく夏バテにいい食べ物を食べればいいのです。

・梅干し
梅干に多く含まれるクエン酸が疲れをとり食欲増進の効果があります

・うどん
さっぱりしていて食の細い夏でも食べやすいです

・夏が旬のウリ科の食べ物(キュウリ、ゴーヤ、トウガン、スイカ、カボチャなど)
夏が旬の食べ物には体の熱をとる効果があり夏の体に適しています

まとめ

このように「土用の丑の日」に「うなぎ」を食べるというのにも、ちゃんと意味があったのですね。
せっかくの古くからの習慣。
今年はうなぎが苦手な方も「う」のつくものを食べてみて
夏の疲労回復と無病息災を願ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です