端午の節句の菖蒲の意味は?お風呂に入れる?飾り方とは?

端午の節句で重要な役割をするのが「菖蒲」(しょうぶ)です。

でも菖蒲ってどんな植物でなぜ端午の節句に用いられるのか意外と知られていないような気がします。
(アイキャッチ画像で用いている絵も厳密にはきれいな花が咲く「花菖蒲」であり端午の節句で用いる「菖蒲」ではありませんからね。)

そこで、端午の節句にまつわる「菖蒲」について確認していきましょう。

スポンサードリンク

端午の節句で菖蒲を用いる意味とは?

端午の節句は別名「菖蒲の節句」ともいいます。

菖蒲の節句は中国が起源です。
中国で旧暦の5月は高温多湿であり伝染病や害虫などの被害が多く、それらを防ぐために薬草である菖蒲で作った剣を飾り、菖蒲酒などを飲んだとされています。
それが日本に伝わり「菖蒲」が「尚武」と同じ読み方であることから男の子の節句とされ、
武者人形などを飾ったり、鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うようになりました。

つまり、端午の節句とは本来は菖蒲を使った厄払いの日だったわけですね。

端午の節句では菖蒲のお風呂(菖蒲湯)に入ろう

菖蒲は独特な清々しい香りが特徴で、端午の節句では主に葉の部分を使います。
その主な用途が「菖蒲湯」。
菖蒲の葉の部分を入れたお風呂のことです。
この風習は江戸時代に武士が出陣する前に武運長久を願って菖蒲湯につかったことが始まりとされています。

スポンサードリンク

現代では端午の節句の前日の5月4日に菖蒲を枕の下に敷いて寝るという風習があります。
リラックス効果があるみたいですね。
そこで用いた菖蒲を翌日に菖蒲湯にし、その強い香りが邪気を払い無病息災を願います。

端午の節句での菖蒲の飾り方とは?

厄除け・邪気払いとしての意味合いが強い菖蒲。
端午の節句では家の軒先に飾ったり、屋根に放り投げるという風習があります。
こうすることにより体に悪い気が付かないようにします。
また、家が火事にならないようにするためにも飾られるみたいですね。

ここで用いるのもやはり菖蒲の「葉」。
菖蒲を束ねて根本で結んで完成です。
これを根本の方を上に軒下に吊るします。

あとは薬玉にして飾る方法もあるようです。
菖蒲やヨモギを玉のように丸くに編んだもので、やはり邪気を払うとされています。
これを飾ったり、小さ目めに作って身に着けたりもします。

まとめ

このように端午の節句と菖蒲は切っても切れない関係。
菖蒲は五月直前になるとスーパーや生花店でも購入できます。
是非、菖蒲の意味を理解して息子さんの健康を願い、成長を祝ってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です