お中元の時期とマナーとは?喜ばれる品といらないと思われる品。

夏はお中元の時期です。
お世話になった方や、仕事で付き合いがある方に感謝の気持ちを込めて贈り物をする風習ですね。

でも、毎年何を贈ろうか迷うのがお中元。
特に初めてお中元を贈ろうかと考えている方にとっては難しいものです。

そこで、お中元の時期や基本的なマナー、喜ばれる品といらないと思われてしまう品について確認しましょう。

スポンサードリンク

お中元の時期とマナーとは?

<時期>
実はお中元の時期は東日本と西日本で変わります。
もともとのお中元が旧暦の7月15日とされていて、東日本では新暦を基準にし、西日本(関西)では旧暦を基準にするので時期に違いが生じてきます。
なので、贈る相手がどの地域に住んでいるかによって時期が微妙に異なるので注意が必要です。

一般的には東日本は7月初旬から7月15日、西日本は8月初旬から8月15日とされています。
相手に失礼のない時期に贈ることが大事です。

<のし>

のしは水引は紅白の蝶結びのものを選んでください。
上段に「御中元」、下段に自分の名前を記入します。

<喪中の場合>

喪中の時に遠慮しないといけないのはお祝い事。
お中元はお祝い事ではなく、感謝の気持ちを伝えるものであるため、贈っても問題ありません。
ただし、不幸があってから日にちが経っていない場合は贈らない方がいいです。
時期が合わない場合は暑中見舞いや残暑見舞いとして贈るといいでしょう。

お中元で喜ばれる品とは?

お中元では基本的には消え物を贈ると喜ばれます。
贈る相手の好きなものか日用品が無難です。

例えば…

・洗剤などのセット…いくつあっても困りません。
・ブランド牛肉…「普段は買わないような」ブランド牛肉がオススメです。日持ちはしませんが喜ばれる品です。
・油や調味料…女性に喜ばれます。逆に男性だけの家庭には避けた方が無難。
・スイーツ…女性や子供に喜ばれます。自分が食べておいしかったものならなお良し。ただし全く食べない家庭もあるので注意。
・お酒…好きな方には喜ばれますが、全く飲まない人には贈らないよう注意。
・ソーセージやハムの詰め合わせ…日持ちもしますし、嫌いな人は滅多にいませんね。
・ジュースの詰め合わせ…お子さんがいる家庭に◎
・商品券…実は貰いたいものランキング1位です。ですが失礼にあたる場合もあるので注意。

スポンサードリンク

ちなみに…
毎年同じものを贈るのってアリ?ナシ?

答えはアリです。
特に失礼には当たらないみたいですね。
「おいしかった」などと相手からコメントをもらっているならなおさら。
同じものを贈ってもきっと喜ばれるかと思います。
決まった品をくれる人は、それはそれで貰う側とすればありがたいようです。

お中元でいらないと思われてしまう品とは?

喜ばれるものもあれば、貰って困るもの、いらないと思われてしまうものもあります。

例えば…

・そうめん…夏という感じはしますが、飽きるという声が多いようです。
・フルーツ…日持ちしないため、よほど好きな人以外は贈らない方がいいでしょう。
・石鹸…最近はボティーソープ、ハンドソープがあるため使わない家庭も多いです。贈るとしても匂いがきついブランドものは避けた方がいいです。
・お酒…好きな人には喜ばれますが、お酒を飲む人がいない家庭には×
・スイーツ…甘い物をあまり食べない家庭には×
・食器…結婚式の引き出物で貰って困ったことはありませんか?趣味に合わないものはいらないです。

つまり、日持ちしないものや趣味が分かれるものが要注意という感じですね。
もちろん人によりますが避けた方がいいでしょう。

まとめ

子供のころは届いたお中元に一喜一憂してなかったでしょうか?
このように大人でも貰って嬉しい物と困るものがあります。
一番はもちろん感謝の気持ちですが、相手の好みの品も一緒に届くとより嬉しいです。

相手の好みや家庭環境を考慮しつつ、失礼のないようにお中元を贈ってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です