十三参りの意味とは?いつやるの?振り返らないって何で?

一三参りってなんとなく聞いたことはあるけど一体何の行事?
関西では昔から行われているようですが、全国的な風習ではありません。

ただ、最近では関東などでも十三参りをしている方も増えているそうなので
その意味と時期について確認していきましょう。

スポンサードリンク

十三参りの意味とは?

十三参りは大人への知識を授かる儀式のこと。
元々は京都の風習だったようです。
数え年で13歳になる子が13番目に生まれた虚空蔵菩薩に参拝する行事です

なぜ13歳かというと、干支がちょうど一回りして自分の生まれた干支に戻る初めての年あるから。
さらに虚空蔵菩薩は知恵と福徳と司り、参拝する子供に知恵を授かるとされています。

なので、十三参りにより13歳まで心身ともに大きく成長したことを祝い感謝を捧げます。
またこの年は人生初の厄年であるため、厄を払って無病息災を祈る意味もあります。

ちなみに。
知恵を授かることから十三参りは「知恵詣」や「知恵もらい」とも呼ばれているみたいですね。

スポンサードリンク

十三参りっていつ?

十三参りは虚空蔵菩薩が13番目に誕生したため旧暦の3月13日に行われます。
すなわち、現在の4月13日ですね。
この日を中日をした、3月13日~5月13日に行われることが多いみたいです。

中学校に入学する前の春休みに参拝する方が多いため、
小学生の間にしないといけないと思われている方もいらっしゃるようですが
中学校に入学後でも大丈夫というわけです。

十三参りでは振り返らないで!

十三参りでは参拝後に途中で振り返ってはいけないと伝えられています。
これは、振り返ることによりせっかく授かった知識を落としてしまうため。
なので参拝後は鳥居を出るまでは振り向いてはいけません。

ちなみに、十三参りで有名な京都の法輪寺では渡月橋を渡りきるまで振り返ってはいけません。

まとめ

13歳といえば徐々に大人の階段を上る年でもあります。
思春期を迎えますし、小学生から中学生になるというのは
心境の変化、環境の変化、体の変化…
いろいろあり、すごく大きな節目でもあります。

だからこそ、ぜひ親子で参拝してお子さんの成長を祝ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です