八十八夜とは?この日の新茶は縁起物?!

八十八夜。
よく聞くけど、どういうものか分からない。
茶摘みの歌にもあるけど…
お茶に関係する日?!

そんな八十八夜とお茶の関係に迫りたいとおもいます。

スポンサードリンク

八十八夜とは?

立春から数えて88日目、すなわち5月2日頃というのが八十八夜です。
気候も暖かくなり、野や山で新しい生命がいっせいに活動を始める時期。
ようやく霜もおりなくなり、ほっとした農家ではこの時期から茶摘みや稲の種まきなどの農業の準備が始まります。
なので農作業の節目の基準となっているわけですね。

八十八夜の3日後は立夏であり、夏がやってきます。
「八」という字が末広がりで縁起がよいとされ、この日から夏の支度を始めるという習わしです。

スポンサードリンク

八十八夜の新茶は縁起物?!

♪夏も近づく八十八夜~
茶摘みの歌にもあるように八十八夜→お茶という結びつきがなんとなくありますね。

この時期は気候が落ち着き、茶の木にもまだ小さいながら新芽が伸びだしています。
そして上記でも述べたように「八」という字が縁起が良いとされているため
この日の朝に手摘みされた新茶は縁起が良く「長生きできる」とされており
1年間の無病息災を願います。

新芽には冬の間寒さに耐えながら蓄えた栄養分がたくさん詰まっているようなので
科学的にみても八十八夜茶というのは極上のものというのが解ります。

まとめ

縁起物で、味も極上な八十八夜お茶。
この夏は是非八十八夜から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です