麦茶の赤ちゃん用との違いは?いつから飲める?保存は?

ドラッグストアなどで頻繁に見かける赤ちゃん用の麦茶。
赤ちゃんの水分補給に使われます。

でも、大人用との違いってあるの?
母乳しか飲んでないけど大丈夫?
保存はきくの?

それらの疑問について確認していきましょう。

スポンサードリンク

麦茶は赤ちゃん用と大人用と違いはあるの?

「赤ちゃん用」となっているものはどれも割高ですね。
できれば大人用と兼用できればいいですが
「赤ちゃん用」と記載があるからにはもちろん違いがあるので注意が必要です。

苦味を少なくしてある、味が薄い、保存料などの違いもありますが
大きな違いはカフェインが入っているかいないか
(ご存知のようにカフェインには集中力の維持や眠気防止などに効果がありますね)

赤ちゃんの場合はこのカフェインの作用が悪い方向に働いてしまい
覚醒作用により赤ちゃんの寝つきが悪くなると言う報告があります。
大人でも寝る前はカフェインの摂取は控えますものね。

逆にいえば、カフェインが入っていなければ大人用でも飲むことができる、というわけです。
なので先輩ママさん達は「自分で作った方が経済的」ということでノンカフェインの麦茶をお湯で割って飲ませている方も多いです。

スポンサードリンク

麦茶って赤ちゃんはいつから飲める?

基本的には離乳食が始まる生後6か月くらいまでは母乳だけで十分です。
母乳には赤ちゃんに必要な栄養や免疫に関わる抗体など大切な成分がたくさん含まれています。

なので麦茶を飲んで母乳が飲めなくなるのはもったいないです。
母乳からでも十分に水分補給はできますので、麦茶デビューは離乳食が始まってからが良いです。
ミルクの場合も同じです。

飲ませ方は哺乳瓶でもストローでもどちらでもOKです。
ちなみに離乳食開始からストローの練習すれば、哺乳瓶なしでも飲めるようになるので後々楽になります。

麦茶って赤ちゃん用のものは保存はきく?

粉末タイプの麦茶を作っても、赤ちゃんは全部飲みきってくれないですよね。
ついもったいない精神が働いて保存を考えがちですが、作り置きはしない方がいいです。

メーカーさんの方でも何かあったときに責任がとれない、空気に触れると菌が混ざる…
との理由で余った分は処分してください、ということになっているようです。

捨てるのがもったいない場合は、お母さんが飲んでしまいましょう。

まとめ

大人の場合は夏の水分補給に麦茶は大活躍しますが
このように赤ちゃんに与える際には少し注意した方がいい点がいくつかあります。

お子さんの年齢に合わせて適した水分補給をしてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です