七夕飾りの由来や意味は?なぜ短冊に願い事?後始末方法は?

7月7日は七夕です。
七夕に向けて七夕飾りの準備を着々と進めるのも楽しいですよね。

ここで素朴な疑問が出てきます。
七夕飾りの由来。
それぞれの飾りの意味。
そもそもどうして願い事をするの?
行事が終わった後の片づけ方法ってあるの?

そんな七夕飾りに関わる疑問をここで解決していきましょう。

スポンサードリンク

七夕飾りの由来や意味とは?

七夕飾りにはすべてに意味があります。
それぞれに込められた思いを知っておくと
しっかり願いをこめて作れますね。

・紙衣(かみこ)
文字通り、紙でできた衣の飾りです。
棚機津女(たなばたつめ)の織る衣に通じるとされ
裁縫の上達や着るものに困らないようにという願いが込められています。

・網飾り
こちらも七夕でよく見る網の飾りです。
豊作や大漁を祈願したり、幸せをすくい上げるよう願いが込められています。

・短冊
短冊の色は本来は青、赤、黄、白、紫の五色です。
これは中国の陰陽五行説が由来で、この5色が万物を表す色とされています。

・巾着
昔はお財布として使われていたことから
節約と貯蓄の心を養い、商売繁盛を願います。

・吹き流し
織姫の織り糸を表します。
これを薬玉に下げると魔除けになります。

・千羽鶴
家の長者の年の数を折り、家族の長寿を願います。

スポンサードリンク

・くずかご
こちらは折り紙などで作ったくずかごに本当に紙くずなどを入れて飾るのが正しい方法です。
物を粗末にしない心を表します。

七夕飾りの短冊に願い事を書くのはどうして?

日本の七夕祭りの元となったのは
奈良時代に中国から貴族社会に伝わった「乞巧奠(きっこうでん)」という儀式です。
乞巧奠とは、巧みな技を持つ織姫と彦星にあやかり、
技芸が巧みになるように乞う祭りのこと。
その際に里芋の葉についた雫を集めて墨をすり、
梶の葉に物事の上達を願いを込めて書いたことに由来されています。

本来は「物事の上達を祈願」していたわけですね。
それが時代の流れとともに「短冊に願い事を書くと叶う」という風習に変わっていきました。

七夕飾りの後始末方法とは?

お祭りで使ったものなので、神社などで燃やしてもらうのがいいとされています。

しかし、それはなかなか難しいことです。
なので今は家庭の燃えるごみとして捨てているところが多いです。
ちょっと寂しい気もしますけど、仕方ないことですね。

「ありがとう」と感謝の気持ちを言い
自治体のルールにしたがって捨ててください。

まとめ

なんとなく飾っていた七夕飾りにもちゃんと意味があります。
意味を理解しながら作ると、自然と気持ちも込められるのではないでしょうか?

短冊に書く願い事も、今年は本来の意味を意識して
書いてみるのもいいかもしれないですね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です