暑中見舞いの時期はいつから?意味や由来は?例文親戚へは?

季節の挨拶状である暑中見舞い。
厚さ真っ只中、相手をいたわり親交を深めるものです

でも年賀状と違い、なんだか敷居が高いようにも思えますね。
贈る時期やどのようなことを書くべきなのか確認していきましょう。

スポンサードリンク

暑中見舞いの時期はいつから?

暑中見舞いというのは、その名の通り
「この夏の暑さを乗り切りましょう」という趣旨で贈るものです。

なので一般的には梅雨明けから立秋(8月7日頃)の間に出すものとされています。

ここで注意があります。
梅雨明けというのは地域によって違うということ。

沖縄では6月の中旬から下旬にかけて梅雨が明ける年が多いですし
東北地方では7月下旬に明ける年が多いので
自分の住んでいる地域に梅雨が明けたからといって
必ずしも相手の地域の梅雨が明けているとは限りません。

このように地域差があり
あまり早すぎても受け取られた方が違和感を持つということで
7月20日前後から出すのが一般化してきました。

もしも、立秋までに出せなかった
若しくは暑中見舞いを頂いたけど出してないのでお返しとして出したい
という場合は、残暑見舞いとして贈るのがマナーです。

残暑見舞いは立秋(8月7日頃)から白露(9月7日頃)の前日までですので注意してください。

暑中見舞いの意味や由来とは?

暑中見舞いのような季節の挨拶状は
もともとはあいさつの品を持って相手を訪ねる風習から始まったとされています。

スポンサードリンク

昔は1年を2期として考えていて
お正月とお盆がそれぞれの期の始まりでした。

その期の始まりに季節のあいさつをすることが由来とされています。

でも、今でこそ交通の便が発達していますが
昔は遠方の方のお宅に訪ねることは非常に困難だったため
飛脚に書状を託していました。

それが時代とともに簡略化されて近い遠いにかかわらず
挨拶状(はがき)になっていきました。

暑中見舞いの例文 親戚にはどう書く?

では、実際にはがきに書く際はどのようなことを書けばいいのか?
季節の挨拶状なので特に決まった形式はないですが
相手に失礼がないように一般的な書き方を確認しましょう。

<季節のあいさつ>
つまり「暑中お見舞い申し上げます」という決まり文句ですね。

<相手の安否を確認、自分の近況、相手の無事を祈る文>
厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
お陰様でこちらは家族一同元気に暮らしております。
暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

<日付>
「○○年 盛夏」または「○○年○月」
月までで大丈夫です。

ちなみに、残暑見舞いになると「盛夏」は使わず「晩夏」になるので注意してください。

まとめ

このように暑中見舞いには年賀状とは違ったマナーがあります。

出す時期により残暑見舞いになるので
出し忘れには注意し、お相手に温かい心を届けてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です