足立花火大会2015!車で行ける?場所取りは何時間前?

足立花火大会。
約100年と歴史ある花火大会であり、毎年60万人近くの観客が来場します。

屋台も充実していて、河川敷で行われる花火大会ということで
とても人気のある花火大会です。

では早速、足立花火大会の日程やアクセス、場所取りの時間について確認していきましょう。

スポンサードリンク

足立花火大会、2015年の概要

2015年の日時は
7月18日(土)午後7:30~8:30
(荒天の場合は翌日に延期、両日荒天の場合は中止)
と決定されました。

会場は荒川の河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋〜西新井橋間)で、打ち上げ場所は千住側です。

打上花火、スタ-マイン、小型煙火、足立名物のナイアガラなどの
1~4章に分かれた種類豊富な花火が約12000発打ち上げられます。

1時間でこれだけの花火が上がるので、かなりの大迫力です。

足立花火大会は車で行ける?

車は基本的には無理と思ってください。

イベント中は交通規制がかかり周辺へは車で入れません。
少し離れたところに止めて電車で行く…というのも
交通規制区域外が渋滞でかなり時間がかかるため止めた方がいいです。
更に区域外のコインパーキングなどはかなり早い時間から満車状態です。

無理に車で行こうとせずに最初から電車で行くのが一番です。

スポンサードリンク

会場の最寄駅は
打上場所である千住側(堤南)へは北千住駅、
反対側の西新井(堤北)側へは小菅駅や梅島駅や五反野駅を利用するといいです。
どの駅からも徒歩15分くらいで行くことができます。

足立花火大会で場所取りをするためには何時間前に到着すればいいか?

都心の花火大会なのでかなりの混雑を覚悟してください。

打ち上げ場所の千住側から見るのであれば当日の朝から場所をとる!
というくらいの覚悟が必要です。
できればお昼までには行った方がいいですね。
というのも、反対側よりも場所が狭く打ち上げ側ということもあり
近くで見たい人が集まるので、とても混雑します。

反対側の西新井(堤北)側の河川敷は観覧エリアも広いため
千住側よりもゆったりと花火を観賞することができます。
といっても、やはり人気の花火大会であるため
4時間前くらいまでには着いていたいですね。

ただ、どんなに混んでいようと
荒川の河原は広いので、見られないなんてことはあまりないのでご安心を^^

まとめ

都内でも割と早めの日程の花火大会。

夏休みが入ってすぐということから、混雑は避けられそうにもありません。
早めに到着して、待ち時間は屋台の食べ物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

河川敷は風の強い日ですと気温が下がりますのでご注意くださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です