潮干狩りでとったあさりの砂抜き方法は?塩抜きは?失敗を防ぐために

初夏のレジャー、潮干狩り。
とるのも楽しいですが、自分でとったあさりは更においしく感じます。

でも、おいしく食べるためにはちょっとした作業が必要。
そう。「砂抜き」と「塩抜き」

そこで今回はあさりの砂抜き・塩抜き方法と失敗例を元に失敗しないようにする対策を紹介します。

潮干狩りでとったあさりの砂抜き方法

<step1>
まずは海水とほぼ同じくらいの塩分濃度の塩水を作ります。
ここで適切な塩分濃度の塩水が作れないと、あさりの濾過が活発になりません。
なので、しっかり海の水を再現してくださいね。

海水の塩分濃度はだいたい3.5%。
ということは、水1Lに対しておよそ30gの塩(大さじ2杯が目安)を入れてください。
この作業は正確性が求められるので、横着せずにカップと匙を使って計量することをオススメします。

<step2>
あさりの表面の汚れを流水(水道水でOK)で洗い
バットなどの容器にあさりと重ならないように並べます。
重ならないようにするのは、上の貝が吐いた砂を下の貝が吸わないようにするため)

<step3>
1で作った塩水を注ぎます。
量はあさりが半分浸かるくらいにすると、たくさん砂を吐いてくれます。
入れすぎると、あさりが呼吸できなくなってしまうので注意してください。
勢いよく水も吐き出すので、まわりが濡れないよう新聞紙などでフタをします。
潮干狩りでとったあさりですので3時間以上おいてください。

潮干狩りでとったあさりは砂抜きだけでなく塩抜きも必要

砂抜きはあさりの体内にある泥を抜く作業なのに対して
塩抜きとは海水を抜く作業。

あさりの体内に海水が残っているまま調理すると
とてもしょっぱくて食べられたものじゃありません。

スポンサードリンク

スーパーで売っているあさりは処理済ですが
潮干狩りでとってきたあさりの塩抜きは必ず行ってくださいね。

砂抜きと違い、塩抜きはとても簡単。

砂抜きを終えたあさりから塩水をとってください。

これだけです。
時間は1時間くらい。
ただ、砂抜きの時と同様に水を吐き出しますので
やはり上に新聞紙などのフタはしておいた方が良いです。

潮干狩りの砂抜きで失敗を防ぐために

上記でも何点かあげましたが、あさりも生き物ですので環境も大事です。

・塩分濃度
適切な濃度とそうでない濃度で比べた場合、
やはり適切な濃度の塩水で砂抜きした方がおもしろいほど水がピューピュー飛びます。
経験を積めば目分量でもいけますが、自信がなければ正確に塩水を作ってくださいね。

・貝を重ねない
吐いた砂を他の貝が吸ってしまっては意味がありません。

・塩水の量
あさりも酸素を必要としますので、すべて水で覆ってしまうと窒息してしまいます。
必ず半分程度あさりが出るような水量で砂抜きしてください。

・水温
あさりは水温が20度以上になると弱ってしまいます。
25度以上で死んでしまいます。
温かくなりすぎないように注意してください。

・死んだあさりにも注意
死んだあさりがあると水が濁ってしまい、周りのあさりにも影響が出てしまう可能性があります。
このようなあさりは最初の段階で取り除いておくといいでしょう。
貝が半開きになって、触っても閉じない、というのがひとつの目安となります。

まとめ

せっかく苦労してとってきたあさり。
おいしく食べるためにも、「砂抜き」と「塩抜き」の手間は省かないようにしてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です