七夕の食べ物といえばそうめん!由来は中国?他のレシピは?

あまり知られていませんが、ひなまつりなど同じように
七夕にも行事食というものが存在します。

笹も飾って願い事も書いた!!
せっかくだから料理もちゃんと七夕の食べ物で楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか?

そこで今回は七夕の食べ物にはどんなものがあるのか、由来も含めて紹介します。

スポンサードリンク

七夕の食べ物といえばそうめん

上記でも述べましたが、あまり知られていない事なんです。

実は七夕という行事は麦の収穫祝いも兼ねています。
そこで無病息災を祈って食べるようになったと言われています。
織姫の織る5色の糸や天の川にも見立てられています。
その糸に見立てて5色のそうめんを用意してみるのもおもしろいですね^^
(ちなみに緑、赤、黄、白、紫です)

それから。
全国乾麺協同組合連合会で「7月7日にそうめんを食べる」という習慣を呼び起こしたいとし、
七夕をそうめんの日と設定しているから、という理由もあります。

そうめんだけでは物足りないので、
いつもの薬味に焼いたササミを添えてみたり
定番の大葉、茗荷、小葱、のり、ゴマ、錦糸玉子を添えると少し豪華になりますね♪
あとはオクラも切ると星形になり、七夕らしいのでオススメです。

七夕の食べ物は中国由来?

もともと七夕は中国から伝わってきたものなんです。
かつての中国では7月7日に亡くなった子供が悪鬼となったので
その霊を鎮めようと、その子が生前好きだった「索餅(さくべい)」というお菓子を供えました。
日本にもその話が伝わり、七夕には索餅を食べて無病息災を祈りました。

この索餅というお餅。
どういうお菓子かというと、小麦粉と米粉を練り縄で編んだような形をしていて
実はそうめんの原型と言われている食べ物なんです。

スポンサードリンク

こういったことから、日本ではそうめんが根付いていったというわけなんですね。

七夕の食べ物そうめん以外のレシピは?

そうめんだけでは食卓が寂しい。
飽きてしまう。
子供の給食がそうめんだから別のメニューがいい。

そうお考えになるお母さんもきっといらっしゃると思います。
そこで、そうめん以外の七夕料理を少しご紹介します。

・野菜の天ぷら
旬の野菜ならなお◎
七夕は地域によってはお盆前にあたり、心身を清める時期です。
旬の野菜を使った天ぷらは精進料理にもなります。
そうめんとの相性もバッチリです!

・笹巻き
ちまきなどでもOK。
単語の節句で食べる料理のイメージがありますが、七夕の別名は「笹の節句」です。
なので、笹の葉を使用したものも七夕の料理として食べられるようになりました。
笹で巻いた餅米を砂糖醤油やきな粉をつけて食べます。

・手巻き寿司やちらし寿司
こちらも桃の節句や端午の節句での定番ではありますが七夕に食べても○
いつもの具材を星形にしてみると七夕らしくていいですね。

・涼しげなデザート
夏ですのでゼリーなどいかがでしょう?
こちらもフルーツを星形にしてゼリーに混ぜると可愛らしくて子供も喜びますね。

まとめ

そうめんはやはり飽きがきます。
なのでいつもと違うアレンジをしてみると特別感があっていいですね。

おいしい料理が七夕をさらに盛り上げてくれること間違いなしです。
是非参考にして、素敵な七夕をお過ごしください^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です