多摩川花火大会でオススメの場所!場所取りの時間は?日程は?

東京都世田谷区と神奈川県川崎市の共同で行われる花火大会。
多摩川の水辺で毎年異なるテーマで花火が打ち上げられます。

毎年50万人くらいの人で盛り上がるため、他の花火大会同様とても混雑します。

そこで、今回は混雑時でもきれいに見えるオススメの場所と
場所取りのためには何時までに着けばいいのか、大会の概要について確認します。

スポンサードリンク

多摩川花火大会できれいに見れる場所とは?

二子玉川駅から多摩川に出たら右手上流方面に500m~1000mほど土手沿いに歩きます。
その間の河川敷で木々などの死角がなく座りやすい場所がありますので探してみてください。
実はそのあたりというのは同時開催の川崎の花火も見られてオススメ。
ちょうどいい角度で打ち上げ場所近くよりむしろ見やすいはずです。

多摩川花火大会で場所取りのための時間は?

場所取りは大会当日より可能です。
ロープなどで囲って場所取りする場合は早い時間でも大丈夫なので
駅に近ければ近いほど、できるだけ早い方がいいでしょう。

ただし、芝生保護のためブルーシートなどで場所取りをする場合は
午後3時以降と決められていますのでマナーを守ってくださいね。

スポンサードリンク

ちなみに上記にて紹介した場所は
河川敷が広くて見晴らしがいいので開始1時間前でもどこかしら座る場所があると思います。
ただ、駅から会場へ向かう人で混みますので
こちらも念のため早目に向かった方がいいことは確かです。

多摩川花火大会の2015年の日程など

最後に大会の概要について確認しましょう。

日程は2015年8月22日(土)
花火打上時間 19:00~20:00
出店時間 15:00~21:00

荒天の倍は23日(日)と発表されています。

場所は世田谷区立二子玉川緑地運動場。
打ち上げ数は発表されていませんが
世田谷区と川崎市と合わせて1万2千発くらいの花火が打ちあがっているみたいです。

約50のテントがならび、食べ物や飲み物を販売するようですが、
こちらも混みますので事前にデパ地下やコンビニなどで食材を調達して
場所取りしながら食べることをお勧めします。

まとめ

2つの自治体が同時に行っているのでとても迫力のある花火が楽しめます。
会場内は大変混雑いたしますので、時間に余裕をもって向かってください。
そして、マナーを守って楽しい夏の思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です