琵琶湖花火大会の混雑状況は?何時間前に着けばいい?帰りは?

夏の風物詩、花火大会。
「びわ湖大花火大会」も全国有数の花火大会として
主に関西地区で定着しています。

規模も大きく
滋賀県のみならず他県からも見に来る花火大会であるがため
混雑状況が気になるところ。

そこで今回は琵琶湖花火大会の混雑に関することを確認していきましょう。

スポンサードリンク

琵琶湖花火大会の混雑状況は?

琵琶湖花火大会には毎年約35万人の来場があるようです。
人ごみはもちろんですが、車の混雑や渋滞も避けることはできません。
そして、どこの花火大会にもあるように
当日の会場周辺では交通規制がかかりますので
車ではなく電車で行った方がいいでしょう。

ちなみに最寄駅は
京阪電鉄浜大津駅から徒歩5分。
JR大津駅、膳所駅、ともに徒歩15分。
となっています。

琵琶湖花火大会は何時間前に着くのがいい?

上記で述べたように、混雑するので早め早めの行動が大事となります。
では、打ち上げの何時間前くらいに着いていた方がいいのでしょうか?

打ち上げ時刻が19:30からの1時間となります。
19:30開始ですが18時には既にもう人がいっぱいで
場所取り合戦が始まっていますし
朝からシートで場所を取っている方もたくさんいます。

スポンサードリンク

1人や2人など少ない人数で行くのであれば18時半くらいでも
場所が見つかる可能性がありますが
人数が多いようでしたら、できるだけ早めに着かれることをオススメします。

琵琶湖花火大会の混雑は帰り際まで続く!

「いい花火大会だった~さぁ、帰ろう。」
となった時にも、まだまだ油断は禁物です!

来場者35万人が一斉に帰り始めますので
当然、行きよりも帰りの方が混雑するんですね。
しかもJR大津駅では安全のため駅のホームに入場制限がかかるので
電車に乗るのに1時間待ち、ということがあります。
時間的にも電車の本数が少ない時間ですから
遅くなればなるほど待ち時間は長くなる、と思っておいた方がいいです。

この帰りの混雑を避けるために
花火が終わる10~15分前に切り上げて帰ってきてしまう、というのも手です。
当然のことながらフィナーレは見れなくなってしまいますが
みなさんまだ花火に夢中になっているので待ち時間もなく電車に乗ることができます。

花火をとるか時間をとるか…
その判断はあなたにおまかせします。

まとめ

花火大会と混雑は切っても切れない関係ですね。
早め早めの行動が肝心となります。
このことを頭に入れ、花火大会を楽しんでください♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です