前橋花火大会の屋台の場所は?ナイアガラは見える?場所取りは?

群馬県の一大イベントであり、
利根川大渡橋周辺を打上げ会場に毎年行われている前橋花火大会。
ここからスターマインや仕掛け花火など約15,000発の花火が前橋の夏の夜空を彩ります。

今年2015年は8月8日(土)に開催が決定しました。
(雨天の場合は翌日の9日)

そこで今回は前橋花火大会の屋台の場所と
名物、ナイアガラ花火について確認していきましょう。

スポンサードリンク

前橋花火大会の屋台の場所は?

屋台は大渡橋北あたりからあり
大渡り橋をメインに国体道路を貫くように並びます。
とても長く約2kmに渡る屋台があります。

これほど多くの屋台が並ぶ花火大会もかなり珍しいですね。
実は前橋花火大会は屋台も売りとなっています。
花火が始まるまでの時間は屋台散策で楽しみながら時間がつぶせますね。

ちなみに。
メインの花火の打ち上げは19:15からですが
屋台の営業は夕方の明るいうちから始まっています。

前橋花火大会のナイアガラの見える場所

前橋花火大会といったら屋台の多さもそうですが
やっぱり有名なのがナイアガラ花火!!
その中でも空中ナイアガラは前橋発祥とも言われています。
そして、大渡橋を使った長さ400mに渡る「虹のナイアガラ」は迫力満点です。

ですので、そのナイアガラは確実に見ておきたいもの。
見える場所は必ずチェックです。

スポンサードリンク

ナイアガラが見えるのは、かなり近いところなので
人がすいている穴場を見つけるのは難しいでしょう。
ナイアガラは大渡橋の北側で行われるため
大渡橋の北側に陣取らないと見れません。
早めに到着して場所をとることをおすすめします。

前橋花火大会で場所取りは何時から?

では、何時くらいに到着していればいいのでしょうか?

ここ数年の様子でいうと、16時くらいでしたら
まだがら空きの状態で好きな場所にシートを敷けます。
他の花火大会のように朝から頑張らなくてもいいのは安心ですね。
ただ、17時すぎるとさすがに場所取りの人がかなり多くなってきます。
だんだんと混雑していきますので、それなりの覚悟が必要です。

確実に場所取りをしたいのであれば16時くらいには現地入りできるようにしましょう。

最後に1つ注意点があります。
晴れていれば18時すぎまで日差しが厳しいので
熱中症対策は忘れずに行うようにしてくださいね。

まとめ

前橋花火大会名物である、ナイアガラと屋台。
せっかくの年に1回の一大イベントです。
場所取りと人の混雑は大変かもしれませんが
是非とも欲張って両方とも楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です