敦賀花火大会2015年日程は?シャトルバスが便利!場所取りの時間は?

日本海側最大級のスケール!
今年で66回目を迎える福井県の敦賀花火大会。
全国でも珍しいとうろう流しと一緒になった花火大会です。
最近では関西からも来場があるほどの人気な花火大会で毎年約20万人の人で賑わいます。

花火大会ということで気になるのが今年の日程とアクセスや場所取りの時間について。
今回はこれらのことについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

敦賀花火大会の2015年日程は?

敦賀花火大会の特徴は何と言っても、とうろう流しと花火大会があること。
他の花火大会とは少し違った光景を見ることができます。

僧侶による読経があり、その中で赤・青・黄の灯ろう約6000個が松原海岸に流され、とても神秘的な風景を味わうことができます。
ちなみに灯籠は1個500円で販売されています。
そして、その後に水上花火やスターマインなどの花火が夜空にも彩りを与え、海と空ダブルで楽しむことができます。

そんな敦賀花火大会。
今年、2015年は8月16日(日)に開催されます。

時間は18:30~とうろう流し、19:30~20:30花火大会となっています。

場所は名勝「気比の松原」。
日本の三大松原のうちの1つでもあります。

雨天の場合は、小雨程度であれば決行されますが、荒天の場合は中止だそうです。
当日に公式からの発表があるので天気が心配でしたら直前にそちらをチェックしてくださいね^^

敦賀花火のシャトルバスが便利

当日はいくつかの臨時駐車場が無料で解放されます。
しかし、駐車台数に限りがあるため、車での来場はご遠慮くださいと公式でもアナウンスがあります。
さらに会場周辺では当日は交通規制が行われるため、会場周辺へは車へは入れません。
帰りも混雑のため車の場合は花火終了後、敦賀から出るのは0時以降となる覚悟が必要です。

スポンサードリンク

そこで便利なのが無料シャトルバス。
JR敦賀駅から花火会場近くの川崎岸壁まで約10分で行くことができます。
そこからは会場まで徒歩で約15分です。

運行時間は往路が15:00~19:30、復路が20:00~22:30です。
花火大会終了後は大変混雑するので、スムーズにバスが運行できない場合があり1時間近く待つこともあるので注意が必要です。

ちなみにシャトルバスは臨時駐車場からも出ています。

敦賀花火の場所取りには何時間前?

上記で述べたように毎年約20万人の来場があるため、やはり混雑が予想されます。
駐車場も限られていますので、車で行く方たちが昼頃にはもう到着して海水浴を楽しんでいます。

当然、時間が経てば経つほど場所取りが困難になりますが、16時頃でもまだ場所を取る余裕はあります。
しかし、17時を過ぎると一気に埋まってきてしまうので
「ここ!」っていうこだわりがあったり、前列を取りたい場合は昼くらいに行った方がいいですね。
海岸に少しでも近い場所だと灯篭の流れる幻想的な様子と打ちあがる花火の美しさが満喫できて良いですよ^^
遅くとも16時までに着いておくと安心です。

まとめ

このように昼は海水浴、夜は灯籠と花火大会と楽しみが盛りだくさんの敦賀花火大会ですが、
やはり混雑するイベントということである程度の覚悟は必要となりますね。
早め早めの行動を心がけて、素敵な夏の思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です