恵方巻きを食べる時の方角2016年はどっち?決め方ってあるの?

急激に知名度が増した恵方巻き。
縁起の良いとされる方向を向き、恵方巻きと呼ばれる太巻きを願い事をしながら無言で食べきるという風習です。
昔からある文化のようにも感じますが、最近知ったという方も多いのでは?
今回はそんな恵方巻きの方角について整理してきましょう。

スポンサードリンク

恵方巻きの方角2016年

2016年の方角はズバリ!!

南南東やや南

なんだかややこしいですね(^_^;)
でも実は方角はある法則性に基づいています。
さっそく見ていきましょう。

恵方巻きの方角の決め方は?

毎年テレビ等で「今年の向きは~」と放送されていますが、もちろんテレビ局が勝手に決めたものではありません。

そもそも「恵方」というのが金運や幸せを司る神様のいる場所をさすことで、その年の縁起の良い方向とされています。
その神様のいる場所が毎年変わるので、私たちも毎年違う方向を向いて恵方巻きを食べます。

スポンサードリンク

では、その恵方はどのように決まるのでしょうか?

基本的に恵方は4方向だけで、その4方向を10年1周期でローテーションしているだけなんです。
その4方向とは、西暦の下一桁によって決まってきます。

0、5…西南西やや西
1、6…南南東やや南 (☆)
2、7…北北西やや北
3、8…南南東やや南 (☆)
4、9…東北東やや東

☆印は同じ方向なので、このように4方向だけです。
この法則性を覚えておけば、毎年「今年はどこだっけ?」と悩まなくて済みますね。

ただ、ここで疑問。
「やや」ってなんでしょう?
実は現代の方角の表記方法が16方位なのに対し、恵方というものは昔の24方位で決まります。
現代の16方位では言い表せないために、この「やや」という表現が出てしまうのですね。

まとめ

毎年毎年とても細かくてややこしい方角だと思っていました。
だけど決め方に関してはこのようにとてもシンプルな法則があったんですね。
この法則を理解しておけば来年からもバッチリですね!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です