節分の豆まきの由来は?意味は?いつするの?

節分といえば、豆をまいて歳の数だけ豆を食べるという昔からの習わしですね。
でもその意味についてちゃんと考えたことがなかったように思えます。(私は…)
そして、節分はどこからやってきた風習なのでしょうか?

今回は豆まきの由来や意味、いつするのか、についてまとめました。

スポンサードリンク

節分の豆まきの由来は?

実はもともと節分とは季節をわけるという意味があります。
では、節分とはいつのことなのか。
それは立春~立冬のぞれぞれの前日にあたる日、つまり年に4回ありました。
しかし、旧暦では春が1年の始まりと考えられていたために、だんだんと節分とは「春の」節分のことを言うようになったのです。
旧暦でいう大みそかですね。

そして、ちょうど節分である季節の変わり目には邪気が出るとされています。
豆を投げて邪気を追い払うという「追儺(ついな)」という風習が奈良時代に中国から伝わったとされています。
これが直接的な由来のようですね。

よって春の節分に1年の締めくくりとして邪気(鬼)払いをするということが根付いていったようです。
鬼が出入りする鬼門が丑寅(北東)の方角であることから、牛の牙とトラの皮の服で表される空想の鬼の姿が定着しました。

スポンサードリンク

節分の豆まきの意味は?

ではなぜ豆なのか?
古くから大豆はとても貴重な作物で魔除けの霊力が宿り邪気を追い出すとされていました。

なぜ炒った豆なのか?
それは「炒る」のは魔目(豆)を「射る」にかけられています。
ダジャレですね(笑)
さらに拾い忘れた豆から悪い芽が出ないようにするためとも言われています。
なので炒った豆は福豆という名がついています。

節分の豆まきはいつする?

まず時間帯は「夜」です。
なぜなら鬼は夜にやってくるから。
なので暗くなってから窓などを開けて奥の部屋から順番に鬼を追い出すようにまいていきましょう。

そして意外と知られていないのが、豆をまいて鬼を追い払うのは一家の主の役割だということ。
でも現代では家族イベントという意味合いもあるので、誰かが鬼役をやりみんなで鬼退治するというのが一般的です。

豆まき終了後は福豆を食べます。
新しい1年の厄除けなので、自分の年齢+1の数を食べ無病息災を祈りましょう。

まとめ

節分が実は年に4回あるとか、鬼は夜にやってくるとか、毎年イベントを楽しんでいますが何気に知らない事も多いですね。
今年は豆まきの意味もちゃんと意識しながらイベントを楽しむことができそうですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です