父の日の花はひまわり?バラの由来は?定番の花って結局何?

父の日といえば毎年6月の第3日曜日となっています。

母の日といえばカーネーションというのは定番ですね。
でも父の日に贈る花って…??

意外と知られていない父の日に贈る花について、色や花言葉についても確認しましょう。

スポンサードリンク

父の日の花といえばひまわり?

父の日が近づくと(時期的なものもあり?)花屋さんに増えるひまわり。
父の日の花ギフトとしても人気が高いそうです。

では、なぜひまわりなのか?

まず色について。

日本では「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」という素敵なお父さんとされた著名人に贈られる賞があります。
その影響か、父の日のイメージカラーが黄色であると定着しました。

ひまわりといえば、もちろん黄色ですよね。
そして、ひまわりの持つイメージとして「元気」「健康」という点でも父の日の花としてピッタリです。

さらに花言葉について。

ひまわりが常に太陽の方を向いていることから「貴方だけを見つめます」や「熱愛」「愛慕」「光輝」「敬慕」などがあります。
一般的には「あこがれ」や「尊敬」を意味するようですね。
花言葉でも父の日のイメージと重なるのではないでしょうか。

父の日にバラを贈る由来

ひまわりと同じくらい人気のバラ。
百貨店などでもイメージカラーの黄色のバラが目立ちますね。

では、なぜバラなのか。

父の日の提唱者が父の日に亡くなった父の墓前に白いバラを供えたことが由来とされています。
このことから、父が健在なら赤いバラ、亡き父には白いバラを贈ることが定着したようです。

スポンサードリンク

ただ、日本では「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」の影響もあり黄色いバラも人気なようです。

でも花言葉を気にする方は少し注意が必要です。
バラの花言葉は花の色によって違います。

 赤 愛情
 白 純潔
 黄 嫉妬

花言葉を気にされる方や花言葉に詳しい方に贈る場合は黄色のバラは避けた方がよさそうですね。

父の日の定番の花

他にも父の日に人気の花はあります。

・胡蝶蘭

父の日に限らず贈り物として人気が高いです。
「幸福が飛んでくる」という花言葉があるため贈り物に最適です。
ただ、育てるのが難しいので、ちょっとめんどくさがり屋なお父さんにはオススメしません(笑)

・ゆり

香りも見た目も気品があります。
なのでこちらも父に日に限らず人気の花。
「子の愛」という花言葉を持ち、まさに父に贈る花にぴったりです。
ただ、その独特な花の香りが苦手な方もいるので注意が必要です。

・観葉植物

育てることが簡単なことから人気です。
リビングやダイニングなどに植物があると癒されますね。
いろいろ種類がありますがこちらも「花言葉」とともに選ぶことが多いようです。

・プリザーブドフラワー

こちらは育てる必要もなく長く楽しめるということで人気があるようです。
生花よりも少し値段が高いので予算に余裕があればオススメです。

まとめ

いろいろ花の種類があって迷われることと思います。
結局どの花がいいの?と思うかもしれません。
定番はやはりひまわりかバラかと思いますが、大事なのはご自身の気持ちです。

花言葉を参考にしてお父様にぴったりの花を選んでください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です